「コウノトリの里づくりに学ぶ うなぎの里づくり」 第8回有明海再生シンポジウム, 日本, 日曜日, 17. 9月 2017

13:00~16:00(予定) 

コウノトリの里として知られる兵庫県豊岡市の中貝市長の
ご講演を軸に会場の皆さんと一緒に有明海の再生に向け
海と山をつなぐ代表的な生き物である「うなぎ」の里づくりの
道を探ります。

コウノトリの里・豊岡市

 兵庫県豊岡市は、コウノトリといっしょに暮らせる環境づくりのため水田と排水路をつなぐ魚道整備やできるだけ農薬を使わない
米作りを行っています。

 豊岡市はコウノトリの保護、増殖から野生復帰への取り組みを通じ、環境を良くすることはとても大切なことだが、使命感や心意気だけでは活動は継続できないし、広がらないということにも気づきました。

 豊岡市では、これまで相反すると捉えていた経済成長と環境保全の両立に挑戦することで、環境への取り組みを持続させ、小さな市でも自立したまちづくりに取り組めるのではないかと考え、「豊岡市環境経済戦略」を策定しました。

豊岡市環境経済戦略とは

環境を良くする取り組みによって経済効果が生まれる。経済効果が生まれることによって環境を良くする取り組みが活発になる。そんな相乗効果を基本に、環境と経済が共鳴する仕組みや事業を市内で増やしていこうという戦略が「豊岡市環境経済戦略」です。

「豊岡市環境経済戦略」では、以下の5つを基本の柱としています。

豊岡型地産地消を進めます
豊岡型環境創造型農業を推進します
コウノトリツーリズムを展開します
環境経済型企業の集積を進めます
自然エネルギーの利用を進めます

「コウノトリの里づくりに学ぶ うなぎの里づくり」 第8回有明海再生シンポジウム

もっと面白いイベントを探します
自分のFacebookの味に基づいて、イベントの推奨を取得します。今それを入手!私は私のために適したイベントを表示今はやめろ