埼玉初開催!8月12日(日)「がん治っちゃったよ!全員集合! in 埼玉」, 日本, 日曜日, 12. 8月 2018

全国で開催していますので、わが町でも!という方はお気軽にご相談ください。希望を広げていきましょう!taka-messenger@nifty.com

埼玉初開催!希望の祭典!「第16回がん治っちゃったよ!全員集合! in 埼玉」

~~がんのイメージが変わる一日 治す力は自分の中にある~

がんを経験した医師、がん経験者による講演、歌、演奏、トークセッション、質疑応答と、盛りだくさんな企画を用意しています。気づきと笑いと希望に満ちあふれた祭典にどうぞお越しください。

がん治っちゃったよブログ!
詳細 ⇒

初の埼玉公演は、ヒプノセラピスト・エッセイスト・女優の宮崎ますみさん(乳がん手術から13年)、統合医療に取り組む、自らもがんを体験した医師・船戸崇史先生、魂のシンガーソングランナー杉浦貴之さん(余命半年の希少がんから18年)、「花庵」代表の富田文乃さん(食道がんステージⅢから4年)にご登場いただきます。

「第16回がん治っちゃったよ!全員集合! in 埼玉」
~~がんのイメージが変わる一日 治す力は自分の中にある~~

「あの人は特別だから」「あれは奇跡だから」

たった一人の体験を語るとき、度々、この言葉が返ってきます。

この会場で「あの人は特別ではない。それは奇跡でもなく、誰にでも起こり得ること」そう感じていただけるはずです。

「人間の無限の可能性」に気づき、生き抜く勇気、生き抜く力があふれ出る一日となるでしょう!

「医療が変わるのを待つのではなく、患者が医療を変える」

そんな第一歩を踏み出します。

大きな感動を呼んだ第1回名古屋公演、第2回宮崎公演、第3回名古屋公演、第4回大阪公演、第5回岡山公演、第6回大分公演、第7回名古屋公演、第8回鳥取公演、第9回浜松公演、 第10回東京公演、第11回福山公演、第12回北海道公演、第13回浜松公演、第14回高知公演、第15回名古屋公演に続いての開催です。

このイベントは特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

☆日時☆
2018年8月12日(日)
開場 12:15 開演13:00 終演17:30

☆場所☆ ソニックシティ・小ホール
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5 ソニックシティビル


☆出演者☆
【乳がん手術から13年】 
ヒプノセラピスト・エッセイスト・女優 宮崎ますみ

【統合医療に取り組む医師・腎臓がんを体験】
船戸クリニック院長 船戸崇史

【2年生存率0%の希少がんから19年】
魂のシンガーソングランナー 杉浦貴之

【食道がんからステージⅢから4年】
☆コーディネーター&司会☆ 富田文乃 

【瞑想ヨガ】
ヨガインストラクター 米山玲子(乳がん経験者)

☆料金☆
前売 3500円 ペア6000円(3人以上の申し込みの方は1人3000円)
当日 4000円
※ペア申し込みは、同時申し込みのみとなります。

☆お支払い方法☆
お申し込み後、1週間以内に下記までお振込みください。
※ご入金後のお客様都合によるご返金は致しかねますので、予めご了承ください。

〈郵便局からのお振込みの方〉
12180-22880311
【名義】日本がん治っちゃったよ協会

〈他金融機関からのお振込みの方〉
【銀行名】ゆうちょ銀行
【 店名】二一八(ニイチハチ) 
【店番】218
【預金種目】普通預金 
【口座番号】2288031
【名義】日本がん治っちゃったよ協会

※チケットの郵送はしておりません。当日、会場にてお名前をお 申し付けください。振込み手数料は、お客様負担になります。

☆お申込み☆


☆お問合せ☆
i_wakui@

☆主催
日本がん治っちゃったよ協会

☆協力
めぐみの会 ガンの辞典 チームメッセンジャー 日本チキンハート協会 いずみの会 玄米おむすびの会

♡「がん治っちゃったよ!」の趣旨

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

過去の「がん治っちゃったよ!全員集合!」ダイジェスト


☆他地域での開催予定☆

6月9日(日)名古屋
【出演者】 工藤房美さん(子宮頸がん 肺・肝臓・腸骨転移から13年)、松野三枝子さん(スキルス性胃がん、多臓器転移から12年)、杉浦貴之さん(余命半年の希少がんから18年)、めぐみの会代表の織田英嗣さん(5年生存率20%の食道がんから11年)
FB⇒
お申し込み⇒

11月23日(金・祝)浜松
【出演者】 未定 

11月25日(日)石川(能美市)
【出演者】 船戸崇史医師(船戸クリニック)、織田英嗣さん、杉浦貴之さん

==名古屋・出演者プロフィール==

宮崎ますみ(みやざき ますみ)
1968年 愛知県名古屋市生まれ。ヒプノセラピスト・エッセイスト・女優。1984年クラリオンガールに選ばれ、その後女優として、舞台・映画・TVなど幅広く活躍。1995年結婚を機に渡米。米国では二児の息子を育てながらYOGAに傾倒し自己探求に専念。帰国後2005年、乳がんであることを公表。克服後2007年ヒプノセラピーを本格的に学びヒプノセラピストとなる。同年11月厚生労働大臣より「健康大使」 を任命され、乳がん克服の自身の経験を生かし、講演会活動にも取り組む。現在はインストラクターとして、ヒプノセラピスト養成にも精力的に取り組んでいる。主な著書に「ピュア・バランス」(2015年/ヒカルランド)がある。

船戸崇史(ふなと たかし)
1959年岐阜県生まれ。 1994年「船戸クリニック」開業。在宅医療に力を注ぐほか、西洋医学のみでなく、東洋医学、ホリスティック医療等を取り入れた統合医療により、独自の診療を続けている。リンパ球点滴、温熱療法、漢方・セラピーなどを取り入れ、施設内では癒やしの音楽会を開くことがあり、自然食レストランも併設。「より地域に密着し、患者さんに効くことは何でも取り入れて、サポートしたい」と意欲を示す。著書多数。映画『つ・む・ぐ』に出演。11年前、腎臓がん手術。

杉浦貴之(すぎうら たかゆき)
1971年愛知県生まれ、岡崎市在住。1999年、28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」。左腎摘出手術後、化学療法2クール。2005年1月、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン「メッセンジャー」を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010~2017年、がん患者、家族、サポーターたちとともにホノルルマラソン主宰。 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。2011年12月『命はそんなにやわじゃない』(かんき出版)を出版。

富田文乃(とみた あやの)
1956年生まれ。茨城県出身、埼玉県在住。「花庵」代表。子どもの頃から演劇好き。高校卒業後上京、通訳ガイド養成所(専門学校)で観光英語を学びながら本格的に演劇活動をスタート。多種多様なアルバイトをしながら舞台、CMなどに出演。団体旅行の添乗員として22年間、国内海外の添乗および新人教育を務める。2014年食道がん(ステージⅢ)で食道40%と胃1/3及び周辺リンパ節を摘出。現在は経過観察しながら「命はやわじゃない!」をモットーにイベント企画、運営、出演など精力的に活動中。2016年、2017年チームメッセンジャーホノルルマラソン参加。

米山 玲子(よねやま れいこ)
1968年 神奈川県生まれ、東京都在住。ヨガ インストラクター。ヨガと出逢い、導かれるように指導者の世界へ。ヨガを人生に実践し始めた矢先、乳がんの宣告を受ける。家族、友人、医療関係者や生徒の皆さま、そしてヨガに支えられながら抗がん剤の不安を感じることなくがんを克服。現在は、ライフワークとして続けているパークヨガをはじめ、国内外でのヨガリトリート、オフィスやスタジオでのヨガレッスン、そしてがんやうつと闘う人へのヨガセラピーなど様々な人に寄り添うヨガライフを送っている。体と心、魂へのアプローチを大切にした独自のメソッドは、心地よいヨガ空間を創り出している。

埼玉初開催!8月12日(日)「がん治っちゃったよ!全員集合! in 埼玉」

もっと面白いイベントを探します
自分のFacebookの味に基づいて、イベントの推奨を取得します。今それを入手!私は私のために適したイベントを表示今はやめろ